最近住宅用の太陽光発電設備を設置される語家庭が増えてきました。
太陽光発電自体は設置後は電力が自宅で発電されますので、
電気代が無料になったり、ま
た余った電力を売って利益にすることができるなどの利点を感じることができ、
太陽光発電の導入自体に後悔をされている方はほとんどいないといえます。
一方で、太陽光発電を設置される方の多くは
環境問題への貢献というのは第二の目的であって、
やはり上で挙げた将来的な利益を見越して設置に踏み切る方が大半ですので、
設置にかかった費用等の部分で
後々実はいろいろ知っておけばよかったという後悔をされる方が多数おられます。
その一つが行政から受け取ることができる補助金です。
現在住宅用の太陽光発電の設置に関しては
国・都道府県・市町村の3ヶ所から別々の助成金を受け取ることができます。
国の助成金は土地によらず受け取れますが、
都道府県や市町村の助成金は
助成金がない自治体もありますので、地域に依存しています。
このような地方独自の助成金は太陽光発電を設置されるすべての方が
受け取れるわけではありません。
どの場合でも、それぞれ予算額が決まっていますので、
抽選や先着順で助成対象となるかどうかを決定しているようです。
その金額は合計で数十万円にものぼりますので、
太陽光発電を設置検討されている方は
まずどういった設備でどういった条件なら助成が受けられるのか、
といったことを各市役所に設けられている専門の部署に相談に行くことが大切なのです。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>