最近は太陽光発電システムの価格がものすごく安くなっています。また、大型の電器量販店や楽天などのネットショップでも太陽光発電を販売しているので、購入しやすくなっています。大阪にお住まいの方にも太陽光発電を自宅に設置したいと考えている人が多くいると思いますが、まだまだ太陽光発電についてわからない点も多いようです。
たとえば多くの人が疑問に思う点として「どのくらいの大きさの製品を購入すればよいのか」ということがあります。確かに分かりづらいですね。現在、一般的な家庭に設置されている太陽光発電システムの多くは3kWから5kWのものが多いようです。ただし、これはあくまでも平均であり、家庭によって最適なシステムの大きさは異なります。
たとえば、家族の人数によっても必要なシステムの大きさは異なります。家族が多ければそれだけ必要となる電力は多くなりますし、逆に少なければ電力の少なくて済みます。また、電力消費量が多い家庭と節電意識が高い家庭でも必要な電力に大きな差がでます。ですから最適なシステムの大きさを一概にいうことはできませんが、業者などでは4人家族の家庭で4kWくらいのシステムを勧めることが多いようです。
ただし、余剰電力買取制度を利用したいと考えているならば話は別です。電力を売却することで設置コストをなるべく早く回収したいならば、限られた予算やスペースの中で最大限の発電量となるようなシステムを設置するべきです。そうすることで売却することのできる電力が増えるので、コスト回収までの期間は最短にすることができます。
現在は太陽電池モジュールの技術も進歩してきて、以前のものと比べて変換効率がかなり良くなっています。変換効率が良くなれば電池モジュールの面積が小さくてもたくさんの電力を発電することができるので経済的なメリットも大きくなります。
もちろん、予算の問題もありますし、変換効率の高い最新機種を導入したとしても周囲に高い建物があるのなどの環境によっては十分な電力が得られないこともあります。こういったことを避けるために、導入前にはしっかりとしたシミュレーションを行うようにしましょう。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>