太陽光発電システムを自宅に導入しようと検討している人も多いと思いますが、そのような人がまず迷うのが「どの製品を購入したら良いのか」ということでしょう。現在はたくさんのメーカーが太陽光発電システムを販売しているので以前と比べると非常に選択肢が増えましたが、逆に言えば、選択肢が多い分だけ何を購入したら良いのか迷ってしまいまうということになってしまいます。
太陽光発電システムを実際に購入した人たちを対象に行ったアンケートの調査結果をみてみると、製品を選んだ基準として一番多いのが「値段の安さ」となっています。たしかに、太陽光発電システムの価格は高く、最低でも150万円から200万円というお金が必要になるのですから、「できるだけ安く設置したい」と思うのも当然でしょう。しかし、見積り依頼を出した業者を比較して値段の安さだけで太陽光発電を選ぶということは、長期的に見た時にかえって高くつくという危険性もあります。
では、何を基準に購入したら良いのかということになりますが、「太陽光発電は予算内でできるだけ発電量の大きいものを選ぶ」というのが賢い購入方法といえるでしょう。そのために重要になるのが発電効率です。日本の住宅は一般的に敷地がそれほど広くないため、太陽電池モジュールを設置するための屋根の面積を十分に確保することも難しくなります。そうなれば当然の結果として発電量が少なくなってしまいますから、なるべく発電効率のよいものを選ぶべきなのです。
太陽光発電でつくった電気を自宅で全て使うというならばそれほど電力量は必要ないかもしれません。しかし、多くの家庭では電力を電力会社に買い取ってもらうことで設置費用を回収したいと考えているでしょう。そう考えた時にはなるべく多くの発電量を確保して、売電料を増やしたほうが経済的なメリットが大きくなります。このように、目先の利益だけを考えて価格の最も安い製品を選ぶのではなく、長期的に考えてもっとも得になるような買い方をすることが賢い買い方といえるでしょう。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>