ある調査では太陽光発電システムの価格は10年前に比べて3割ほど安くなっているそうです。5年前、10年前に太陽光発電システムを購入した人がこの事実を知ったならば、羨ましいと思う反面、悔しいという感情も出てくるかもしれません。そのくらい太陽光発電システムの価格は安くなっているのです。
しかも、改善されているのは価格面だけではありません。新しい技術が次々と生まれてきているので、値段は3割も安くなっているのにもかかわらず、性能的には3割から5割程度アップしていると言われています。
10年前も現在も太陽電池モジュール原料はシリコンが使われているため爆発的な性能アップとはいえませんが、同じ多結晶シリコン電池モジュールを利用している製品でも多結晶シリコンの変換効率が向上しているため、その分性能的にアップしていることになります。
こういった太陽光発電システムの低価格化の一番の要因は大量生産による効果でしょう。2年前の東日本大震災では原子力発電所の事故により電力不足が社会問題になりました。東日本では計画停電が行われるほどで、多くの国民が生活に不便を感じることになりました。その結果「太陽光発電ならば停電中でも電気を使える」ということが世間で話題になり、自宅に太陽光発電システムを導入する人がとても増えました。
これは太陽光発電システムに限ったことではありませんが、商品がある程度の数売れるようになれば大量生産が行われるようになり、量産効果によって商品の値段はどんどん下がっていきます。そして、商品の値段が安くなればさらに購入する人が増えるという好循環により、太陽光発電システムは大幅な低価格化を実現しました。
また、太陽光発電が普及することで性能面でのアップにもつながりました。10年前は価格的にもごく一部の人だけのものであった太陽光発電が庶民にも普及することで商品の抱えている課題も洗い出され、問題点を解消した新製品が次々と登場してくるからです。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>